おとなの予防接種

当院は一宮市にありますので、定期接種は一宮市の方が対象となります。 →一宮市のHP(成人の予防接種)

大人の方の予防接種は、朝・夕の診療時間帯で行っておりますが、
事前に電話か窓口でご予約をお願いいたします。
持ち物:健康保険証(年齢、住所が確認できるもの)、成人用肺炎球菌ワクチンの定期接種の場合は送られたハガキ

定期接種または市の助成があるワクチン

・(成人用)肺炎球菌(23価結合型)ワクチン【不活化ワクチン・定期接種2000円負担あり・皮下注射】
高齢になられてから肺炎球菌による肺炎、敗血症など重い病気にに感染しないためのワクチンです。ニューモバックスNP®という23価のワクチンを接種します。お子さんの肺炎球菌とは別のワクチンです。

平成26年10月から、年度中に65歳になられる方が定期接種の対象となりました。
経過措置として平成26年度〜31年度は、その年度に70,75,80,85,90,95歳になられる方も対象となります。100歳以上の方は平成26年度のみ対象でした。

対象となる方には、市から4月に
ハガキが送られてきます。接種の日には必ずそのハガキをお持ちください。
これまで自費接種も含め1度も接種したことがない方が1度のみ、定期接種できます。
どなたも、決まった1年間しか定期接種の対象にならないので、ご注意ください。

自費であれば、他の年でも接種できます。


麻しん風しん混合(MR)ワクチン【生ワクチン・任意接種 一部助成あり※1・皮下注射】
妊婦さんが風しんに感染すると赤ちゃんが先天性風疹症候群を発症することがあります。
妊娠中には必ず風疹の抗体検査をしますが、低いと言われた方も、妊娠中は接種できません。出産後、次の妊娠までに接種をしましょう。麻しんも抗体が下がっている方がいらっしゃるので、混合ワクチンでの接種をお勧めします。
接種後2か月間は妊娠しないように気を付けてください。

生ワクチンなので、副反応としては接種後10日前後で軽度の発熱、関節痛などがみられることもあります。

※1 一宮市の公費助成の対象になる方は、1.今年度風しんの抗体検査を受け、2.風しんに対する免疫が不十分で、3.妊娠を予定または希望されている方です。(経産婦さん、過去に風しん予防接種を受けたり風しんにかかったことのある方は対象外です。手続きが必要なため、上記の一宮市のHPをご参照ください。)


インフルエンザワクチン【不活化ワクチン・定期接種1200円負担あり・皮下注射】
インフルエンザは他の風邪と違い、高熱での消耗や気管支炎・肺炎など合併症も多いので、予防のためワクチンを接種しましょう。

11月1日〜翌年1月31日まで、①②に該当する方は自己負担額1200円(平成29年度から改定)で1回接種できます。
①満65歳以上の方 
②満60歳から64歳までの方で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能障害またはヒト免疫の機能障害出、身体障害者手帳1級をお持ちの方、またはそれに相当する方(一宮市ホームページを参照)

問診票は当院にあります。対象者の方で生活保護世帯の方は自己負担金が免除になります。事前に生活福祉課で無料の予防接種予診票をもらってください。


その他のワクチンも任意接種で行っています。 ご相談ください。
・水ぼうそうワクチン【生ワクチン・皮下注射】
・おたふくかぜワクチン【生ワクチン・皮下注射】

・季節性インフルエンザワクチン【不活化ワクチン・皮下注射】
・B型肝炎ワクチン【不活化ワクチン・皮下注射】
  など