こどもの予防接種 2020年度

当院は一宮市にありますので、一宮市の定期接種を行います。→一宮市のHP(子どもの予防接種)
広域予防接種事業(→愛知県HP):愛知県内の他市町村にお住まいの方も、保健センターなどで手続きをしていただければ、当院で定期予防接種ができます。

小児の予防接種専用の時間:
   月曜日14:00〜15:00と、金曜日15:30〜16:30
   火曜日と木曜日の朝10:00〜11:00は予防接種優先時間帯。 一般診察の方もおられます。
   BCGは、第2,4金曜日の14:00~15:00です。


予防接種を希望される場合は、電話か窓口でご予約ください。
スケジュールについてもお気軽にご相談ください。

持ち物:母子健康手帳健康保険証(住所確認のため)予診票※1
必要なら予防接種委任状※2

※1 当院に予診票があるもの→日本脳炎2期(下記特例1に当たる方のみ)、任意接種
※2 保護者の方が同伴できない場合→予防接種委任状が必要です。祖父母の場合でも必要ですのでご注意ください。 平成26年4月1日以降生まれの方は、一宮市予防接種予診票綴に委任状がついていますので、コピーして使ってください。一宮市のHPからもダウンロードできます。



当院で接種できる予防接種(時期は一宮市の標準の接種時期を示します)    
    →日本小児科学会の予防接種推奨スケジュール

・ロタウイルスワクチン【生ワクチン・任意接種・経口】
接種時期:生後6週~24週(1回目は14週6日まで)
当院では1価のロタリックス®を採用しております。4週間以上の間をあけて2回行います。

・インフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチン 【不活化ワクチン・定期接種・皮下注射】
・肺炎球菌(13価結合型)ワクチン【不活化ワクチン・定期接種・皮下注射】

接種時期:生後2か月~5歳未満
初回接種は4〜8週間毎に3回、追加接種が1回の4回接種です。
接種開始が遅れた場合は回数がかわります。


・B型肝炎ワクチン【不活化ワクチン・平成28年10月から定期接種・皮下注射】
接種時期:生後2か月~1歳未満(任意接種はいつでも可)
1回目の接種から4週間後に2回目、1回目から20-24週間後に3回目を行います。
妊娠中にお母さんのB型肝炎感染が確認された場合には、生まれた赤ちゃんに生後すぐから健康保険で予防接種が行われていますので、対象にはなりません。

・四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ)ワクチン
【不活化ワクチン・定期接種・皮下注射】

接種時期:生後3か月~7歳6か月
平成24年11月1日から導入されました。(それ以前は、三種混合+ポリオ経口生ワクチン→三種混合+不活化ポリオワクチンと変わってきています)
初回接種は3〜8週間毎に3回、追加接種は3回目から1年〜1年半の間に1回で計4回です
日本小児科学会では、三種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの追加を5-6歳の時期に勧めています。学童期の百日咳とポリオ抗体の低下を防ぐためです。

・BCG【生ワクチン・定期接種・スタンプ方式】
接種時期:生後5か月〜8か月
結核の予防接種です。


・麻しん風しん混合(MR)ワクチン【生ワクチン・定期接種・皮下注射】
接種時期:1期は1歳から2歳の誕生日前日、2期は年長さんにあたる方(5~6歳)
接種時期を逃してしまった方は、任意接種であれば何歳でもできますので、必ず接種してください。

・水ぼうそうワクチン【生ワクチン・定期接種・皮下注射】
接種時期:1歳~3歳の誕生日前日に2回
水ぼうそうにかかったことのないお子さんのみ対象となります。
6カ月〜12か月あけて2回接種しましょう。

任意接種であれば何歳でも接種できます。

・おたふくかぜワクチン【生ワクチン・任意接種・皮下注射】

接種時期:1歳~
1回目1歳、2回目4〜6歳が推奨されていますが、何歳でも接種できます。

・日本脳炎ワクチン【不活化ワクチン・定期接種・皮下注射】

接種時期:3歳~7歳6か月に3回、9歳~13歳に1回
1期初回として3歳に1〜4週間の間隔で2回
1期追加として4歳で1回(2回目から11~13か月が標準。最低6カ月は空けること)
2期として小学4年生(9〜13歳未満)に1回。
年齢によっては、特例措置がありますので下記をご覧ください。


特例1平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれの方は、20歳の誕生日前日までは不足分が公費で接種できます。
予診票は当院にあります。
特例2平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれの方は、1期3回目までの接種が終わっていなければ、9歳〜13歳未満の間に公費で不足分が接種できます。予診票は保健センターで発行されます。必ず母子手帳を持って、取りに行ってください。定期接種としては、4回目までを13歳未満に終える必要があります。

・二種混合(ジフテリア・破傷風)ワクチン【不活化ワクチン・定期接種・皮下注射】

接種時期:小学6年生~13歳未満
二種混合ワクチンは、三種混合、四種混合の2期にあたります。
三種混合ワクチンが3回以上接種できていないと、効果が期待できません。保健センターで相談してください。

※学童期の三種混合ワクチン、不活化ポリオワクチンの追加接種について
2018年8月から日本小児科学会では、11-12歳の二種混合ワクチン(定期接種)のかわりに三種混合ワクチンを接種しても良いと示しています。百日咳抗体低下を防ぐためです。ただし、任意接種(自費)となります。→小児科学会のHP

・子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウイルスワクチン)
【女児のみ・不活化ワクチン・定期接種・筋肉内注射】

接種時期:中学1年生~高校1年生にあたる女児
現在積極的勧奨の中止が続いています。
ご希望の方は、公費で接種することができます。保健センターで予診票をもらってください。


・不活化ポリオワクチン【不活化ワクチン・任意接種・皮下注射】
ポリオの予防接種は、以前は生ワクチンでしたが、平成24年9月1日から不活化ワクチンで行われています。三種混合+ポリオ生ワクチンもしくは不活化ポリオワクチンで予防を行っていましたが、四種混合ワクチンが発売され、現在は四種混合ワクチンで予防することになっています。
初回接種として3〜8週間毎に3回、追加接種として1年〜1年6カ月後に1回の計4回の接種を行います。
日本小児科学会では、任意での不活化ポリオワクチンの追加を5-6歳の時期に勧めています。

ポリオ生ワクチンは今はありません。
平成24年8月までに生ワクチン(経口)を2回接種されている方は不活化ワクチンは必要ありません。
生ワクチンを1回だけ接種された方は、不活化ポリオワクチンをあと3回(3週間〜8週間毎に2回+追加接種)接種する必要があります。
追加接種をお忘れになっている方がおられます。7歳半以上の子のはずです。お問い合わせください。

・三種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風)ワクチン【不活化ワクチン・任意接種・皮下注射】
日本小児科学会では、三種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンの追加を5-6歳の時期に勧めています。また、11-12歳の二種混合ワクチン(定期接種)のかわりに三種混合ワクチンを接種しても良いと示しています。
学童期の百日咳とポリオ抗体の低下を防ぐためです。お問い合わせください。


・季節性インフルエンザワクチン【不活化ワクチン・任意接種・皮下注射】
接種時期:生後6か月以上  毎年秋~
13歳未満の方はは2回、13歳以上の方は1回接種となります。
詳細は時期が近くなりましたら、ニュース欄にてお知らせします。