医師の紹介

院長

松山 敏(まつやま さとし)
海南病院にて伊藤文哉先生をはじめ諸先生方に厳しく鍛えていただき、循環器内科医として緊急も含めカテーテル検査治療など第一線を務めておりました。一宮市民病院では、柴田哲男部長の元でさらに研鑽を積み、また一宮の地域に深く親しみました。平成20年念願のクリニックちあきを開院いたしました。開院後は、カテーテル治療は安全に行える病院にお任せすることとして卒業し、その前の病状の判断を担っております。さらに日常生活に密着した血圧の管理、不整脈治療など循環器専門分野の他、互いに関連している糖尿病など生活習慣病、アレルギー疾患、感冒など、お年寄りから小さなお子さんまで幅広く診療しております。

結構几帳面。水泳、動物、天体観測が好きです。動物の世話、クリニック横の小さい畑の手入れに余念がありません。畑にはカミキリムシに食い尽くされそうなイチジクの木と、季節によりチューリップ、ジャガイモ、トウモロコシ、トマト、ピーマンなどなど季節の野菜が植えられています。

愛知県出身
1996年3月 岐阜大学医学部医学科卒業
1996年5月 愛知厚生連海南病院研修医
1997年4月 同循環器内科医員
2004年7月 一宮市立市民病院循環器内科副医長
2006年4月 同医長
2008年1月 クリニックちあき開院
 日本内科学会認定総合内科専門医 日本循環器学会認定循環器専門医 日本医師会認定健康スポーツ医
 日本医師会産業医



医師

松山 温子 (まつやま はるこ)
研修の小児科ローテート中に、ぐったりして入院されたお子さんが元気になって退院して行かれる姿にこの上ない喜びを感じ、当時想定していなかった小児科を選びました。すべての子供は病苦などなく、すくすく幸せに育ってほしいと強く望みます。外来診療は緊張の連続ですが、お子さんやお母さん方との会話から日々元気をもらっています。
小児科一般、アレルギー疾患(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくなど)を得意とします。劇的に変わりつつある分野なので日々勉強です。

岐阜県出身
1996年3月 岐阜大学医学部医学科卒業
1996年4月 医療法人豊田会 刈谷総合病院(現刈谷豊田総合病院)研修医
1998年4月 同小児科医員
2000年10月 藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院小児科定員外助手
2004年4月 同研究生
2007年3月 退職
2008年1月 クリニックちあき開院
  日本小児科学会認定小児科専門医 日本アレルギー学会認定アレルギー専門医(小児科)