内科のページ

循環器内科について

当院は、基本的にどんな病気や体の不調でも安心してかかっていただける家庭医を目指しております。
ただ、より深く精通する専門分野は、循環器です。患者さんの病状、生活全体をみて、適切な治療を提案します。

循環器というのは、心臓と体中の血管を指します。心臓は血液を送り出すポンプであり、体のすみずみまで血液を巡らせ、さらに心臓まで戻らせる(ぐるぐる循環させる)臓器です。

①心臓そのもの
②血液の通り道である血管
に関連した不調を扱います。

循環器科で有名な病気をあげると、
①狭心症、心筋梗塞、弁膜症、心不全、心筋症
②高血圧、低血圧、不整脈
③高脂血症による血管狭窄、静脈瘤   
などがあります。

例として、こんな症状がある時には、循環器科受診をお勧めします。
①胸が痛い、息苦しい、ドキドキするなどの症状があるとき
②めまいがする・ふらつくなどの症状があるとき
③検診で高血圧や高脂血症を指摘された

まずはご相談ください。
診察の上、治療の必要性を判断し、内容についてご説明します。
必要に応じて血液検査、レントゲン、心臓血管超音波、12誘導心電図、24時間心電図、運動負荷心電図 などを当院で行えます。

さらに詳しい検査治療、例えばCT,MRI検査や心臓カテーテル検査治療が必要な場合は、充実した検査治療を行える市民病院など高度医療施設にご紹介します。