【重要!】ゴールデンウィークの休診予定

新年度となり、新しい環境での生活が始まった方も多いかと思います。

今年は3月末から再び寒くなり、スギ花粉症もおさまろうかという時期に今度は風邪をひかれる方も多いようです。
(まだ)インフルエンザ、胃腸炎、咳鼻水のしつこい風邪、いろんな方がおられます。

疲れやすい時期でもあります。早く暖かくして寝てくださいね。

 

 

さて、平成から令和へと変わるこのGWですが、当院のお休みは以下の通りです。

4月28日(日曜日)~5月6日(月曜日)カレンダーの通りで、土曜日は診療日ですので9日連続のお休みとなります。

諸処の事情があり、このように決めました。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

おそらく前後数日間と、4月20,27日(土曜日)や5月11日(土曜日)はひどく込み合います。

時間に余裕をもって受診していただけますようお願いいたします。

 

年長さん、予診票が届いたら麻しん風しんワクチンを早めに打ってください

うちのエンゼルです。買ってきたときは2-3cmだったのに、今や10㎝を超え,ほかの小さな魚たちを圧倒しています。
朝夕、餌を入れる入口の前に陣取り、猛アピールしてきます。
テトラミンのパッケージを覚えています。

今年度から、これまで助成のあった妊娠希望のある女性に加え、一定年齢の男性の風しん抗体検査&はしか風しん定期予防接種が始まります。
これについては近日中にご案内いたします。

お子さんたちは、1歳と年長さんに当たる年と、2回麻しん風しんワクチンを定期接種できることになっています。
逆に言うと、その1年ずつしか、定期接種のチャンスはありません。

全国で断続的に麻しんの発生がニュースになっています。
今後、またワクチンの需要がとても高まると考えられます。

1歳になった方は、本当に全く抗体を持っておられないので、安全のためできるだけ早く接種してください。
年長さんは、今年度中なら接種できるのですが、(例えば一宮市の方は)予診票が順に届く予定ですが、できるだけ早く時間を作って接種してください。

スギの舌下免疫療法が5歳以上のお子さんでできるようになりました

スギの舌下免疫療法薬 シダキュア®が6月末から使えるようになりました。

それまではシダトレン®のみを使っていましたが、この薬は12歳以上の方が対象でした。

シダキュア®は、5歳以上の方でスギ花粉症と診断され、根治を希望される方に使っていただけます。

舌の下に速やかに溶ける錠剤をに入れ、1分間待って飲み込みます。

1日1回、3年から5年間続け、体がスギ花粉に慣れるように促します。

口の中が腫れたり、かゆくなったり、時には咳が出たりといった過敏反応に注意が必要です。

よく理解していただいてから始めることが必要なので、ご興味のある方はまず外来へおいでください。

女医が担当ですので、月~土曜日の午前中にお願いします。

 

乳児健診、お忘れにならないように

最近、1歳になりMRワクチンなどに見えたお子さんの母子手帳を見せていただくと、

乳児健康診査(後期)
→母と子のしおりの中の乳児健康診査受診票(2回目)を使用して医療機関でうけられるもの

を受けておられない方が多くおられることに気づきます。いわゆる6-7カ月健診とか、10-11か月健診とかいうものですね。
一宮市では9カ月児健康相談があるので、ついお忘れになるかと思いますが、 お子さんの発育、発達、事故防止、栄養など様々な確認をする大切な機会かと思います。
診査票は、1歳になる2日前までしか使えません。お忘れにならないように気を付けてくださいね。

当院では予約制で行っております。お電話ください。

2017年10月19日

ダニによるアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法を始めました

以前より、スギ花粉症の舌下免疫療法(シダトレン®を使用)を行っていますが、

新たにダニによるアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法(ミティキュア®を使用)を始めました。

ダニが原因になる病気というとほかにも気になるところですが、現在のところアレルギー性鼻炎のみが対象となります。

小児科のページもご覧ください。鳥居薬品さんのホームページが詳しいです。

ご興味のある方、お声をかけてください。

今のところ処方できるのは女医だけとなります。夕診では処方はできませんのでご注意ください。