子宮頸がんワクチンの予診票が医療機関に置かれることになりました(一宮市)

現在子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、積極的勧奨中止となっています。

しかし、小6~高1の女の子は、定期接種ができます。

これまで接種を希望される場合、母子手帳をもって保健センターで予診票をもらってきていただく必要がありましたが、接種医療機関に予診票が置かれることになりました。

従って、一宮市の方は予約をしていただいて、接種当日クリニックで予診票を記入していただければ接種できます。

 

勧奨中止になってから7年が経過し、その間にきっかけとなった多様な症状についての調査が進みました。

子宮頸がんワクチンの有益性と安全性についての結果が示され、それをもとに接種するかどうかを真剣に考えていただく時期に来ていると思います。

最近お問い合わせが増え、接種される方も増えてきましたので、当院スタッフも改めて勉強しなおし、ご質問にお答えできるように準備しております。

迷われている方、お問い合わせください。先にお母さんだけ質問に来られる方もいらっしゃいます。

当院はガーダシル®を使っております。不活化ワクチンです。

接種回数は3回で、

①1回目を0か月とすると

②2回目は2か月後

③3回目は6か月後 となります。

高1を過ぎてしまった方は、自費で接種できます。