舌下免疫療法について

スギ・ダニによるアレルギー性鼻炎の下免疫療法を行っています。
対象年齢は
5歳以上 の方です。

免疫療法は、スギあるいはダニの抗原(アレルギー症状の原因となるもの)を少量ずつ続けて体に取り込んでいき、徐々に慣らしていくという治療です。唯一治癒につながる可能性があり、また完全に治らなくても、長期にわたり鼻や目のアレルギー症状を和らげる可能性があります。

以前から皮下注射による免疫療法が行われていました。新たに舌の下にくすり(抗原)を入れる舌下免疫療法ができるようになりました。注射しない、通院回数が少なく楽である、副作用が比較的軽い、という利点がある一方、家で抗原を体に入れるため、アレルギー症状が引き起こされたときの対処法を知ってから始めなければなりません。

舌下免疫療法の薬 →鳥居薬品ホームページ
スギ花粉症の免疫療法→シダキュア®
ダニによる通年性アレルギー性鼻炎の免疫療法→ミティキュア®
を使います。
どちらの薬も、最初の1週間は少ない量(初期量)を、2週間目からは通常量(維持量)
を使います。

ご興味のある方は、まずは午前中にご来院ください。(スケジュールの例)
1回目:問診・診察・検査などででスギやダニが原因であることを確認します。
2回目(約1週間後):スギやダニが原因のアレルギー性鼻炎と確定したら、くすりの服用方法や過敏症などについて詳しくご説明し、開始します。

くすりを開始する時、1回目はクリニックで服用して強い過敏反応が起こらないかどうかを30分間観察します。
3回目(1週間後):問題がなければ量を増やします。
4回目以降:4週間ごとに来院していただき、診察と処方をします。

スギの舌下免疫療法は、スギ花粉が飛んでいない時期も続けます。
安全のため
スギ花粉の飛んでいない時期に開始しなければなりません。具体的には、6月から12月の初旬に始めます。
ダニのアレルギー性鼻炎は季節を問わず始められます。

必ずやらなければならないものではありません。 また、すべての方に効果があるわけではありません。説明を聞いて、治療をするかどうか決めていただくことも大事です。


これから治療をお考えの方へ
①最初の説明と治療の決定、②1回目の院内での内服、③2回目の薬の増量までは、午前中に女医が説明させていただきたいと考えています。

現在舌下免疫療法を続けておられる方へ
2020年7月以降、どちらの医師もシダキュア®、ミティキュア®を処方できるようになりました。土曜日午前中に来院いただいている方が多いのでどうしても混み合いますが、今後はどちらの医師でも早い方で処方できます。また、夕診の時間帯にも処方いたしますので、午後に来院いただいても結構です。